掲示板(99年分)

投稿はこちらから

ひろこさん 埼玉県 投稿日:99年12月30日


高校最大イベントの修学旅行でのことです。
小3のときに完治と言われてた喘息が旅行先の病院で再発との診断を受けました。 3日間ホテル生活をして最終日の真夜中に発作がでて薬が全然効かないので病院へ行くことになりました。 そのときは救急車が来ることを知らずに・・・

赤ランプが見えたときは頭の中?でした。
しかし要請から30分もの道のりがあったためその時間で発作は落ちつき喘鳴だけになってましたが一応病院へ。ホテル→病院まで50分。終いには喘鳴も聞こえなくなり付き添ってくれた看護婦さんと「初乗車記念」とか話し救急車をチェックしちゃいました。迷惑な病人のために出動させてしまいごめんなさい。

それ以来、発作は出るけど救急車には乗ってません。 そのときの事があり救急隊員になろうかと思いましたが看護婦になることを決意しました。 函館のあのときの隊員の方々、本当にありがとうございました。


[コメント]
女性救急隊員は確実に増えてきているようですが、まだまだ狭き門のようです。
看護婦さんになるとのこと、がんばってください!!!
by Norio


小島さん 大阪府 投稿日:99年12月20日


平成9年6月1日、学校(北野高校定時制)の遠足に参加するため、 集合場所の学校へ急いでいました。急いでいたため、信号をよく見ず、 赤信号のまま直進(私は自転車です)。その結果、右大腿骨を骨折、 管轄の淀川消防署救急隊により、かかりつけの病院へ収容してもらいました。 実をいいますと、僕は、根っからの消防のマニアです。 ですから、救急隊の方も知っている方が隊長で、「大丈夫か!」と、本当に心配してくれました。 淀川消防署本署1部救急隊の方には、本当に心から感謝しています。


[コメント]
大腿骨骨折ですか、めちゃめちゃ痛そうですね・・・
知っている方に搬送してもらって、心強かったんじゃないですか?? でも、いくら消防マニアでも消防車や救急車の世話になるのはいやでしょうね。
by Norio


PEPSIさん 京都府 投稿日:99年11月23日


アメリカでの出来事です。車に乗っていて事故ってしまいました。 車と車の正面衝突です。僕は、左肺圧迫され収縮しました。 10分ほどで、救急車が来て乗り込んだのはいいんですが、 事故った相手と、相乗りしました。病院までの10分間、 非常に気まずかったです。ちなみに、相手は無傷でした。よかった〜・・・


[コメント]
ケンカになったりすることもありますが、あきらかに加害者かなと思われる人が被害者から なぐさめられていることもあります。
本当は一緒に運ばない方がいいのでしょうけど、そういう訳にもいきませんし・・・
そうそう、無言ってのも車内が重苦しい雰囲気になってしまい、こっちがやりにくいですね。(^^;)
by Norio


みいちゃん 東京都 投稿日:99年10月29日


小学生のときです。 誤って階段から落ち、脳震盪を起こして、救急車のお世話になりました。 運ばれる際、友達の体操着袋を誰かが枕にしてくれたらしく、救急隊員さんの「名前は?」 の問いかけに保健の先生が「xxx子ちゃんです!」とはっきりと友達の名前を言っているのが聞こえ、「ああ・・・ち、ちがうのに・・・」

その後、車内で隊員さんがもう一度直接私に「名前はー?」ときいてくれたのですが、 (その時はもう意識ははっきりしていました)小さな声で答えても、保健の先生が言った名前と違うせいか、 なかなか聞き取ってもらえず、何回も繰り返して、やっと病院に着く頃に 「あー、この袋にある名前、きみのじゃないのね。」と解ってもらえました。

何だかぼうっとして、そのままだったら眠ってしまいたい感じだったのが、必死に名前を伝えようとすることで、意識がしっかりとしたのでしょう。 隊員さんがずっと話し掛けるのはそういう意味があるのだと、後で看護婦さんから聞きました。 その時は、頭のケガが痛くて、うなりたかったのですが、そのことがあったので泣くひまもなく、 「もう病院だよ、泣かずに偉かったね」とやさしくねぎらっていただきました。 ああいう時の、優しい一言は、忘れられませんね・・・。
ありがとうございました。
それにしても、保健のO先生ってば・・・・。うふふ、いい思い出です。


[コメント]
あわてまくっている保健の先生の姿が想像できますね。(^o^)
現場では、周囲の人がパニックになっていることがよくありますが、 そんなときは、先輩の救急隊員から「あわてるんじゃなくて、落ち着いて、早く行動しろよ」といわれます。
by Norio


よしきさん 神奈川県 投稿日:99年9月10日


野球をやっていた時、3塁ベースにすべり込んだ際、3塁手に肩のあたりに、のっかられ骨折しました。
その時、気分がわるくなり、救急車のお世話になりました。
そうたいしたケガじゃなかったせいか、思ったより揺れるんだなぁ。とおもいました。



[コメント]
野球やソフトをやっていて、骨折する方は意外に多くみえますね。
もう大丈夫ですか? 結構痛かったと思うのですが、救急車の揺れを冷静に感じていたんですね。(^-^)
by Norio


たかちゃん 茨城県 投稿日:99年6月2日


今年の3/3に酔っぱらって、原付バイクを運転して、転倒しました。
左手から多量の出血と、左足の膝を強打して多量の出血していたにもかかわらず、 また運転をして大きな病院へ行こうとしたが、出血の多さに驚いて途中の消防署へ駆け込みました。
深夜1時過ぎていたのに当直の署員の方々がみんなでてきてしまいびっくりしてました。
ここに消防署できて以来のことだのことです。情けなくてしょうがなかったです。 救急車で搬送中隊員の人が「なんか変だよな−いつも通報でいくのに」「すげ−眠いよ」 と言って笑っていました。病院に着くと隊員の人たちが「反省してね」といって帰っていきました。
もちろん退院してから消防署に行ってお礼してきました。しかし全治6ヶ月はつらい



[コメント]
命に別状が無く、何よりでした・・・
全治6ヶ月の人が自分で消防署まで行くなんて、聞いたことありません(^^;)
いずれにしても、不幸中の幸いでした。これからは、気をつけましょう!
by Norio


松峯さん 大阪府 投稿日:99年5月16日

中華航空機事故の遺族です。
ボイスレコーダーに画像も記録させるべきだという主張をしています。

機器のデーターと音声だけでは、事故の真因は推定しかできません。

事故直後に100人を超す炭化した遺体を見て回った体験は今も忘れることはできません。
多くはボクサースタイルで、火炎の時には生存されておられたのです。 ガルーダ航空の事故でも機体は全焼しています。機体の内部材料は全て不燃材を使用し、 燃料パイプラインには衝撃に自動オフする弁を各所につけるなどの不燃化を急ぐべきだという主張をしています

http://www2.osk.3web.ne.jp/~mine2/tyuka.html


n-starさん 東京都 投稿日:99年5月13日

私は、一昨年前まで某サーキット場に勤務していました。 そこで、レースの練習走行中の事故などで負傷した人をサーキット所有の救急車(日産キャラバンのV6)で病院まで 搬送した事が数回あります。 サーキットは田舎にある為、公共の救急車は台数が少ないので、よほどの重大事故でない限りはサーキットの救急車 を出動させます。
私は運転する事が多かったのですが、緊急走行というヤツは非常に神経を使います。

まず第一に乗り心地。サーキットゆえに骨折などの搬送が多いので、 無用な振動は極力さけなければなりません。 交差点などの通過時は、わだちを上手くショックを抑えて運転しなければなりません。

次に緊急走行ならではの赤信号突入。これは最も緊張します。 こちらは当然「赤灯+サイレン」で走行して、交差点などの進入時にはスピーカーでアナウンスもするのですが 車内で音楽を聞いているのか、お構いなしに左右から突入してくる一般車が結構います。
皆さんも、車に乗る時はオーディオを必要以上に大きな音で使うのはやめましょう。

ところで、サーキットの救急車ですから、白ボディに赤線という外観ではありますが「○○消防署」 なんて書いてあるはずもなく、サーキットの名称とロゴマークが書いてあったりします。
ゆえに不信がられる事も多く、病院の救急搬入口近辺に停車して怪我人の運び込みをやっている時に、 たまたま居合わせた警察官に質問された事もあります。
消防の方々はプロですが、このような私的(サーキットや病院所有のモノなど)な救急車もあります。
これらの乗員は、消防の方々よりも緊急走行に慣れていないケースが多いと思います。

みなさんも街中で緊急走行している救急車に出会ったら、 しっかり道を譲るように気をつけましょう。

はるさん 長野県 投稿日:99年3月10日

僕は97年に交通事故で救急車で病院に運ばれました。
足の開放性骨折で動けなくて道路に寝ているときに、 遠くの方から聞こえるサイレンの音が物凄く嫌でした。
ストレッチャーに乗せられる時は痛くなかったのに、 搬送される時の車の中での揺れがひどく骨折した足が動いて強烈な痛さでした。 その中で救急隊員の方が「大丈夫だ、頑張れ」と、 声をかけてくれましたが、耳元で何回も大声で言われ、 歯をくいしばって痛みに必死に耐えてる時は一寸苦痛でした。
今でもサイレンの音を聞くとあの時の痛みが蘇ります。

P.S救急車にはアクティブサスペンションを標準装備してもらいたいです。


[コメント]
開放性骨折だったとのことで、救急隊員はかなりあせっていたのでしょう。 励ましているつもりでも、逆効果になっていることもあるのですね。
私自身もこれから気をつけます!
ただ、出血が多かったり、けがによってはショック状態を起こして、 生命が危機的な状況に陥ることも十分に考えられますので、それを逐次確認していたのかなあとも推測されます。

今はもう完治しましたか?

ちなみに、所属は違いますが、私のところにも新しい救急車が配備されました。 ベースは、日産のエルグランドということなので、一度乗り心地を体験してみようかと思ってます。 もとは、乗用車ですから、乗り心地はだいぶ改善されているのではと思います。
by Norio


こひちさん 香川県 投稿日:99年1月13日

トラックベースの高規格救急車に乗りました。
これってそのまんま「トラック」ですよね。乗り心地は最悪です。 橋の継ぎ目の上を通過するときなんかは、ドンドンと体が何度も跳ね上がりました。 ストレッチャーに寝てても、下のキャスターがクッションのように作用して、結構上下します。 脳内出血をおこしてる人なんかは、病院に着く前に症状が悪化しそうです。


[コメント]
救急車にもいろいろな種類があって、ほとんどの自動車メーカーから発売されています。 それらの救急車は基本的に防振ストレッチャーといって、下からの振動を10分の1に抑える装置がついてます。 それでも、トラックベースだと抑えきれないことがあります。自動車メーカーにはそのあたりを改善してほしいと思いますね。
by Norio

[Home]